債務整理の相談は365日24時間無料です!











弁護士と司法書士って債務整理の方法が違うの?

債務整理をしようとして、インターネットで検索すると
弁護士先生と司法書士先生の両方が

検索結果に表示されます。

 

 

 

下記より無料相談を受けられます。

 

 

24時間 365日の無料相談をする

 

 

 

では、料金的に司法書士先生にお願いした方が金額的にお安いのが分かりますが
何故弁護士先生でないといけないのか?をご説明いたしましょう!

 

弁護士も司法書士も手続きは同じだけど債務の総額が140万円を超えていると弁護士に依頼しないといけないのね

 

弁護士先生は

 

身近に起こってしまった事件やトラブル

 

について『法的なアドバイス』をしたり

 

時には代理人として相手方との交渉

 

などもしてくれる『あなたを守る人』

 

となります。

 

 

司法書士先生

 

基本的に不動産や会社などの登記を

 

行うことが専門の人です。

 

ですが、現在では債務整理の一部のみお任せが出来ます。

 

 

 

 

そこで、債務整理における違いを説明致しましょう!

 

 

 

弁護士先生

 

・債務整理の法律相談

 

・代理人として貸金業者との交渉や訴訟

 

が出来ます。

 

 

司法書士先生

 

・債務整理の法律相談

 

・代理人として貸金業者との交渉や訴訟

 

が出来ます。

 

 

 

あれ?同じなのでは?そう思いますよね。

 

しかし本当の違いはここからのご説明なのです。

 

総債権額って聞いたことありますよね?全ての債務の合計金額って事です。

 

 

実は総債権額が140万円を超える案件は弁護士先生しか対応が出来ません。

 

しかも総債権額が140万円を超えていないから司法書士先生でも良いのでしょ?と思われる
かも知れませんが、『認定司法書士』の資格を持っていないと不可なのです。

 

この辺りが『弁護士先生』と『司法書士先生』の大きな違いとなります。

 

 

下記より無料相談を受けられます。

 

 

24時間 365日の無料相談をする

法律相談も無料でできます

相続問題で分からない事は無料で相談できます




闇金でお困りの女性に強い味方です