債務整理の相談は365日24時間無料です!











足し算や引き算とは違う債務整理の引き直し計算って何ですか?

引き直し計算とはどのようにされるのかを見てみましょう。

 

 

 

 

右記より無料相談を受けられます。  24時間 365日の無料相談をする

 

 

債務整理を開始する意思表示として『受任通知』を送付する際に『取引履歴の開示請求』
もされていますが、その取引履歴を元に再度『利息制限法』に従い計算をやり直します。

 

引き直し計算とは、法律(利息制限法)で許された範囲で利息を返済したと仮定して、
借りて(債務者)の立場で借金の残額を計算し直すことを言います。

 

 

引き直し計算では、利息制限法を超える利息として実際に返済してしまったお金もさかのぼって
元本の返済に充てられたものとして処理されるため、借金の残額が減額になります。

 

 

グレーゾーン金利が撤廃される前の時(2009年頃)にサラ金やクレジット会社からの借り入れがある場合には
その大半が利息制限法で許可された範囲を超えた利息で返済している可能性が高いため、
借金の減額が望まれます。

 

 

実際に返済をしなくてはいけない金額は、この引き直し計算が行われた後で算出された金額となります

 

 

引き直し計算をする

 

 

引き直し計算で借金の残額が確定したのち、返済が可能なのか・不可能なのかの判断が出来るため、
最終的な債務整理の方向が決まります。

 

この時点での債務整理の方法は『自己破産』か『任意整理』『個人再生』となり
最適な方法が実行案として、弁護士先生からどうするかの確認があります。

 

 

下記より無料相談を受けられます。

 

24時間 365日の無料相談をする  

 

 

 

必ずあります!あなたを救済する債務整理

法律相談も無料でできます

相続問題で分からない事は無料で相談できます




闇金でお困りの女性に強い味方です