債務整理の相談は365日24時間無料です!











債務整理の実行で準備しておきたいもの

24時間 365日の無料相談をしてみる

 

 

 

実際に債務整理をする際には何が必要なのでしょうか。

 

 

債務整理に必要な書類などを詳しく見てみましょう。

 

 

☆いづれかの証明書が必要です

 

いづれかの証明証が必要となります

 

 

 

・身分証明

 

・運転免許証

 

・保険証

 

・社員証

 

・住民票

 

 

 

 

などが必要ですが

 

現住所が確認できる物が最良
です。

 

 

 

 

☆債権者の一覧

 

 

 債権者と言うのは現在お金を借りている相手の事です。

 

 カードでの買い物やキャッシング。その他の独自ローン等が対象です。

 

 それを一覧として書き出します

 

 

クレジットカードは未練を残さず変換しましょう.jpg

 

・どこから借りているのか

 

 ・幾ら借りているのか
(クレジット・キャッシング別に)

 

 ・いつから借りているのか

 

 ・現在幾ら返済が
終わっているのか

 

 ・現在の未払い金額

 

 

 

 などを一覧にして分かりやすいようにしましょう。
 (思い出せない部分は、わかる範囲でも大丈夫です)

 

 

☆借入時の契約書

 

 

  • 借入した際の契約書や借用書があると早いですが紛失してしまっていても大丈夫です。

 

 

☆取引明細書
 

  • ATMなどで借り入れや返済をする際には『明細書』が発行されると思いますが、

    その明細書には様々な情報が記載されていますので、
    もしも手元に残っている場合は持参しましょう。
    なお、債権者に対し発行した『領収書』や『受領証』等があるとなおよいです。

 

クレジットカードは未練を残さず変換しましょう.jpg

☆クレジットカード
  キャッシュカード

 

  • 借入先のクレジットカードやキャッシュカードは全て提出しなくてはいけません

    持っていても債務整理を
    開始した時点で使用は
    出来ないので

 

未練を残さず提出しましょう。

 

 

☆印鑑
 

  • 債務整理の依頼契約をする際に必要です。

    三文判でかまいませんが、シャチハタ等は使用できません
    必ず朱肉を使用する印鑑を持参して下さい。

 

 

☆収入証明書
 

  • 時に収入を証明する書類が必要になる場合があります。

    なので、給与明細や源泉徴収票の準備もしておきましょう。

 

 

☆預貯金通帳
 

  • 預貯金の有無を再確認されることがありますので記帳はしておきましょう

 

  • 通帳や過去の取引の確認で明細が必要になる事もあります。

 

  • 過去2年分の取引履歴明細を要求される事もあります。

 

 

☆資産関係
 

  • 不動産を所有している場合は『最新の登記簿謄本』

 

    • 生命保険証書
  •  

     

    • 退職金がある場合は退職金が分かる書類

     

       等が必要となる場合もあります

     

     

     

     ※債務整理に必要な書類の整理の仕方や、依頼する事務所によって違いがあります
     要求されない書類は提出する必要はありませんが事前に準備出来る物はあらかじめ用意しておくと
     整理が始まってから解決までの期間が短くなる事もあります。

     

    クレジットカードは未練を残さず返還しましょう

     

     

     

     

     

    下記より無料相談を
    受けられます。

     

     

    24時間 365日の
    無料相談をする

    法律相談も無料でできます

    相続問題で分からない事は無料で相談できます




    闇金でお困りの女性に強い味方です