債務整理の相談は365日24時間無料です!











事故情報登録基準

 

事故情報の登録は一般的に

 

 

  • 「3ヶ月以上の支払遅延」

 

  • 「借金整理」

 

をすると「事故情報」が登録されるといわれています。

 

 

「債務整理」とは「法的借金整理」のことで、

 

司法書士や弁護士が任意で減額交渉(利息減額等含む)を行う「任意整理」や、

 

裁判所へ申立てを行う自己破産、個人再生、特定調停のことを言います。

 

 

 

また、業者によっては、司法書士や弁護士に依頼せずに利息制限法引き直し計算を

 

自分で行う債務の減額(圧縮)を行う行為も「債務整理」とみなし、

 

事故情報の登録を行います(この扱いには多くの諸説が存在します)。

 

 

上記の事故情報は当然なのですが、

 

その他にも、借入の審査をする時に影響があると考えられるのは

 

 

遅延があるかないかの支払い状況です。

 

「事故情報」はあくまで3ヶ月以上の支払遅延がない限り登録されないとしていますが

 

1〜2ヶ月の支払い遅延が何回もあると、

 

「契約を遵守しない借主」「支払困難な状況に陥っているのではないか」

 

との判断がなされる場合があると思われます。

 

 

後は借入残高もあります。

 

債務整理や支払の遅延の事実がなくても、融資申込み時の収入と比較して

 

明らかに過剰な借入残高がある場合も、融資を見合わせるとの判断が

 

下される可能性が高くなります。

 

 

他には申込履歴という事でも可能性が出てきてしまいます。

 

融資の申込みを複数の会社に行っている状態自体が

 

「自転車操業的な借入状況に陥っているのではないか?」

 

とみなされてしまう可能性が生まれてきてしまうので

 

融資を見合わせる場合があるでしょう。

 

法律相談も無料でできます

相続問題で分からない事は無料で相談できます




闇金でお困りの女性に強い味方です