債務整理の相談は365日24時間無料です!











払い終わった借金の一部が戻ってくるかも!?返還される債務整理法

過払い金という言葉は最近よく耳にしますよね。

 

 

この過払い金はどういったモノなのかをご存知ですか?

 

 

最近ではテレビでもよく放映されている『過払い金』ですが、残念ながら誰でもある訳ではありません。

 

 

.
これは

 

・借金に苦しんでいるから?

 

・債務整理をしたら請求できるんでしょ?

 

 

といった認識をしている方が多いかも知れませんが、

 

実際には完済しているか債務整理の段階でやる事になります。

 

通常は過払い金の請求をする方の多くは完済している方が大半です。

 

 

そこでその元金に対して『金利』が掛かっているのはご存知ですね。

 

 

実際には自分で借りたお金に対してどれ程の金利が掛かっているのかを計算する人は少ないでしょう。

 

貸してくれた事に感謝して、金利は18.0%だからときいてても度外視してませんか?

 

 

その為に自己破産や最悪は自殺等にも発展して社会問題にもなりました。

 

 

 

そこで金利と過払い金について考えてみましょう!

 

 

まず。

 

金利は法律が変わり『利息制限法』が施行され年利15%〜20%と定められました。

 

この範囲内の金利でないのであれば、過払い金の請求の対象となります。

 

消費者金融などで5年以上借入があれば格段に可能性が高まります。
現在完済していても、最終の支払日から10年以内であれば『過払い金を請求』出来ます。

 

 

過払い金の請求は、実は司法書士や弁護士などの先生に依頼しなくても『自分ですること』も可能です。

 

 

 

 

 

 

 

債務整理の個人再生と任意整理は何が違うの?

下記より無料相談を
  受けられます。

 

 

24時間 365日の
 無料相談をする

 

 

 

一葉簡単な手順を記載します

 

のでチャレンジしたい方は参考に

 

して下さい。

 

 

きっと先生にお願いした方が良かったと後悔をすると思うとおもいますが・・・・

 

 

 

では、手順です。

 

1.取引履歴を取り寄せる
  (これは利用した全ての業者からです)

 

2.金利の引き直し計算をする
  (金利計算の勉強して算出しましょう)

 

3,貸金業者へ過払い請求を発送する
  (計算ミスは出し直しが出来ないため致命的な結果をもたらすので気おつけましょう) 

 

4.貸金業者との交渉
  (正規の業者であれば直ぐに連絡が来ると思いますが、そうでなければ再度連絡をします。
    逆に個人でやっていると分かると『どうぞ提訴してください』と言われる事もあります。)

 

5.提訴
  (最後の手段です。金額が140万円以下であれば簡易裁判所。
   それを超えるのであれば裁判所への提訴となります)

 

 

しかし、実際の所は計算の時点で分からなくなり確信が持てない。と言うのが現状です。
なのでココは、少しばかり『経費を掛けて』弁護士先生などにお願いするのが得策かと思います。

 

 

僅かな経費を掛ける事により、面倒くさい計算をしたり、交渉をしたり、最悪は提訴したりといった時間を
削減でき回収の可能性も格段にUPします。

 

債務整理の個人再生と任意整理は何が違うの?

 

 

 

 

 

 

下記より無料相談を
受けられます。

 

 

24時間 365日の
無料相談をする

法律相談も無料でできます

相続問題で分からない事は無料で相談できます




闇金でお困りの女性に強い味方です