債務整理の相談は365日24時間無料です!











信用情報ってなんでしょうか

まずは、誰でも聞いたことがあるかとは思いますが

 

『信用情報』 ってどういったものなのかを理解する必要があります。

 

一般的に情報機関という所は数か所あるのですが一般的に言われる?と言うよりも

 

皆さんが気にする機関がある訳です。

 

 

あなたが高額な商品を購入したい時や、クレジットカードを新規で作ろうと思った時などには

 

そのお店やクレジット会社が『信用情報機関』にあなたに貸し付けをしても大丈夫なのかを

 

検索して貰う事になります。(審査とも言いますね)

 

 

なので信用情報とは、

 

貸付審査のためだけに提供される、消費者金融、クレジットカード会社(信販会社)、銀行、

 

信用金庫等金融機関との取引内容に関する情報という事なのです。

 

 

 

個々の信用情報機関によって提供される情報は異なってきますが、

 

一般的には個人信用情報として以下の事項が登録されます。

 

 

  1. 住所氏名
  2.  

  3. 電話番号
  4.  

  5. 勤務先
  6.  

  7. 契約締結日、締結契約の種類(名称)
  8.  

  9. 具体的契約内容(借入限度額等)
  10.  

  11. 支払い回数
  12.  

  13. 支払い状況
  14.  

  15. 借入残高
  16.  

  17. 申込履歴
  18.  

  19. 事故情報(俗に言うブラックリストです)

 

 

では、これらの情報を閲覧すれば、すべての会社との借入状況が分ってしまうのでしょうか?

 

実は、金銭の貸付業務を行っている会社でも

 

 

  • 消費者金融
  •  

  • クレジット会社(信販会社)
  •  

  • 銀行
  •  

  • 信用金庫

 

等は業態が異なるため、業態ごとに加盟している信用情報機関の種類も分かれてくるのです。

 

 

 

原則として各会社は、自社が加盟している信用情報機関の情報だけしか確認出来ないのですが

 

一般的にブラックリストと呼ばれる事故情報だけは別で各信用情報機関が情報共有しているため、

 

すべての信用情報機関の情報を漏れなく確認することが出来てしまいます。

 

 

法律相談も無料でできます

相続問題で分からない事は無料で相談できます




闇金でお困りの女性に強い味方です